パリと大阪人

パリと大阪人は、筆者が琴線に触れた文化などを綴っていきます。

George Brassensジョルジュブラッサンスさん

George Brassensジョルジュブラッサンスさん。南仏の港町セート出身フランス社会派の歌手でした。反体制的な歌詞からも人気を得ていました。シャンソン歌手としてフランスでは絶大な知名度の彼ですが、文学的で政治的な歌詞や、引き語りにこだわったことなどからフランス国外での知名度はそれほど高くはないそうです。

http://photo.ina.fr/volumeLR/ina_volume20101011/44289085_26797113/m_167630763_0.jpgジャンリュックゴダールの映画「勝手にしやがれ」でも断片的に使われていたそうです。代表曲Il y a pad d'amour heurex幸せな愛などない。www.youtube.com

歌手、女優として活躍したFrançoise Hardyフランソワーズアルディが歌う。

www.youtube.com

名前を聞いたことがあるといえば、エディットピアフやシャルルアズナブルだという声もあります。それともう一曲。

www.youtube.com

古いシャンソンには素敵な曲が多いですね。あ、全然練習してないや。