読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パリと大阪人

パリと大阪人は、筆者が琴線に触れた文化などを綴っていきます。

ピッキングの「バキバキ」「バインバイン」

ピックを変えてからいろいろ感覚が違います。オニギリ型の4mmをいまは使っています。丸く太い音、音量も以前の2mmのピックよりあります。

 

ここまで満足して気に入っているのですが、いままでと同じ感覚で弾いてみるとピックが弦に深く入りすぎているような感覚があります。

 

バキバキ、バインバインといった風な音になってしまいました。その代わり右手の握力が以前のピックよりも伝わりやすくホールド感はよくなった気分がしました。

f:id:merci111_blog:20151203150031j:plain

(画像はウェブより収集、拝借させていただきました。失礼いたします。)

今日の記事でいいたいのは、バキバキ、バインバイン、力を込めて弾くピッキングというのは正しい練習方法なのでしょうか?

それとも力を抜いて撫でるように軽やかに弾いたほうが練習になるのでしょうか?

 

いまは力を込めてゆっくりバキバキ弾いてみています。弦が切れそうなくらいにバキバキしてます。どうなんでしょうね師匠がいないもので、誰か教えてほしいな。