読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パリと大阪人

パリと大阪人は、筆者が琴線に触れた文化などを綴っていきます。

Les yeux noirs Dark eyes 黒い瞳 考察

何気なく演奏しているこの「Les yeux noirs Dark eyes 黒い瞳」ロシアで伝統的に演奏される曲であるということは知っていましたが、もうすこし詳しく掘り下げてみます。

https://static.winamax.fr/img/editorial/wp/2010/12/les-yeux-noirs.jpg

19世紀に生まれたこの曲のタイトル黒い瞳、ここではロマ(ジプシー)の女性の魅力の象徴として歌われています。これに魅了された男性の苦悩と激情がこの曲の主題となっているそうです。作詞も作曲も出自はロマの民族ではないロシア人の作詞家と作曲家の手でつくられた曲だそう。ロマの音楽、ジプシーの音楽に特徴的なハンガリー音階が使われており、ロシアのジプシー歌謡の代表する曲として親しまれているそうです。

www.youtube.com

原文

Очи черные, очи страстные
Очи жгучие и прекрасные
Как люблю я вас, как боюсь я вас
Знать, увидел вас я в недобрый час

Ох, недаром вы глубины темней!
Вижу траур в вас по душе моей,
Вижу пламя в вас я победное:
Сожжено на нем сердце бедное.

Но не грустен я, не печален я,
Утешительна мне судьба моя:
Всё, что лучшего в жизни бог дал нам,
В жертву отдал я огневым глазам!

 

日本語訳
黒い瞳、情熱的な瞳
燃えるような、そして美しい瞳
何と私はお前を愛していることか、何とお前を恐れていることか
きっと私は悪い時にお前と出逢ってしまったのだ

おお、深淵よりもなお暗いのにはわけがある
それは私の魂への喪服なのだ
それは私の哀れな心を焼き尽くす
勝利の炎なのだ

だが私は悲しくはないし、みじめでもない
この運命は私には慰めなのだ
神が与えたもうた全てのよきものは
その燃えるような瞳に生け贄としてくれてやった

 

前回紹介したSonge d'autumn秋の夢に続き、この曲もそやはり原曲のルーツはワルツ三拍子の曲なようです。だとしたら演奏も三拍子でするとまた一つかっこよくなるかもしれませんね。