読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パリと大阪人

パリと大阪人は、筆者が琴線に触れた文化などを綴っていきます。

Parlez moi d'amour 聞かせてよ愛の言葉を

ギターの練習 chanson

自分のすきな曲が、フランスの古いシャンソンに多いことをあらためて思い知りました。1930年、Jean Renoir 作詞作曲のシャンソンの古典です。

聞かせてよ愛の言葉を:Parlez-moi d’amour

Parlez-moi d’amour
Redites-moi des choses tendres
Votre beau discours
Mon cœur n’est pas las de l’entendre
Pourvu que toujours
Vous répétiez ces mots suprêmes
Je vous aime
Vous savez bien
Que dans le fond je n’en crois rien
Mais cependant je veux encore
Écouter ce mot que j’adore
Votre voix aux sons caressants
Qui le murmure en frémissant
Me berce de sa belle histoire
Et malgré moi je veux y croire
(Refrain)
Il est si doux
Mon cher trésor, d’être un peu fou
La vie est parfois trop amère
Si l’ on ne croit pas aux chimères
Le chagrin est vite apaisé
Et se console d’un baiser
Du cœur on guérit la blessure
Par un serment qui le rassure
(Refrain)

自分の演奏したい曲なのに、曲の知識や背景をあまりにも知らなさすぎています。もっと知ろうと調べる、知識をつけることも必要だ。

www.youtube.com

Lucienne boyerリュシエンヌボワイエさん、フランスの歌手。この曲が代表曲であります。

www.youtube.com

こちらはjulietto grecoジュリエットグレコさん。

 これからもう少し掘り下げて調べてみよう。今回これがまた一つ新しいことを知る足がかりとなりました。新しいことを知る、本当におもしろいです。