読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パリと大阪人

パリと大阪人は、筆者が琴線に触れた文化などを綴っていきます。

ギターの紹介です

今日は僕の使っていくギターを紹介します。3年前くらいに大阪のstring phonicさんで購入させていただいたギターです。以前の記事でもこちらのお店に触れたことがありますが、こちらは品物がすごく揃っていて、パリでみたどのお店よりも品揃えが良かったのを覚えています。当時、フランスからかえってきて、日本のほうが揃ってるーと思ってた記憶があります。以前は近くに暮らしていたので時々お店に伺えたのですが、今は距離ができたのでこれからは通販を使ってこちらでお願いして購入させていただこうと思っています。

 

 さてギターです。ciganoのgj-10という品物です。gitan関係のギターなんですよね。音色についてお話したいのですが、ギターに関して知識も幼稚園並みのもので何とつたえていいものか。弾き比べたりしたこともないです。

外観は塗装が薄めに作られているらしく、ボディは光沢のない感じです。

音量はそこそこ大きいんじゃないかと思います。ariaさんから発売されていたセルマータイプの安価なギターを弾いた時よりはもっと大きいと感じました。

価格も僕のような楽器初心者でも買いやすいお値段だったと思います。

現在はブリッジがすこし削れてしまっていたり、トップに弾き傷をつけてしまっていたりと。弦も錆びて変色してます。これからはもっと大事に使おう。

買ったはいいものの練習がおろそかで宝の持ち腐れですね。

f:id:merci111_blog:20150903070507j:plain

いつか良いギターを使えるレベルになるまではまずこの子を使いこなせるようにがんばります!

気に入っていますので。

写真はあとで載せますね。