パリと大阪人

パリと大阪人は、筆者が琴線に触れた文化などを綴っていきます。

仲間が一人

友人に声をかけた中から一緒に練習してくれる相方が今は一人だけいます。担当はクラリネットです。だからギターが教われないんです。ギターかベースを一緒にしてくれそうな友人がいますが、大人になるとなかなか忙しくよっぽど好きでないと続かないですよね。さて、自分で練習メニューみたいなものも考えていかないとなあ。何からやればいいのか。

クラリネット担当は昔学生の頃に吹奏楽をしていたことがあります。長いブランクがあるので一から練習を始めるみたいです。相方がいることで練習にモチベーションが上がればと思って一緒にやれるようしつこくお願いしました。

 


Howard Alden & Anat Cohen "After You've Gone ...

ギターとクラリネットだけだとこんな感じになるのかな。

クラリネットのアナコーエンさんは音色がとても好きです。自分たちはここまで上手くいかないんだろうなと思いますが頑張ってみよう。

 

新しく『クラリネットの練習』のカテゴリーも追加して相方にはそこで練習の進み具合を報告してもらおうと思います。こちらにも、クラリネットをお好きな方やジャズなどを演奏されたりする方々がいたら、ぜひいろいろコメント欄から僕たちに教えていただけると嬉しいです。

 

二人とも先生がいないので手探りですが頑張っていきたいと思っています。